赤ちゃんの肌とオイルについて

 

 

 

赤ちゃんの肌について

 

赤ちゃんの肌って一見プルプル&もちもちでとっても理想的に見えますが、

 

実は・・・

 

 

 

 

皮膚の厚みは約1ミリで大人の半分!分泌される皮脂量も、生後1~4カ月頃(個人差あり)に急に少なくなり大人の約1/3になるんです!

 

また、大人の皮膚表面のpHは弱酸性に保たれているのに対し赤ちゃんの皮膚は中性に近い状態、肌表面のpHは酸性から中性に近づくにつれ、細菌がふえやすくなります。なので赤ちゃんの皮膚はトラブルを起こしやすい状態にあります。

 

皮膚のバリア機能も十分でなく、ほこりやダニ、細菌や皮膚の摩擦など、外からの刺激も受けやすくなっています。
 

ベビーマッサージでオイルを使用する目的はそんな薄くてデリケートな赤ちゃんのお肌を、マッサージによる摩擦から守り、ママの手が軽やかにすべるのを助ける為です。またひと肌に温まったオイルはなめらかで気持ちよく、赤ちゃんに深い安らぎをもたらしてくれます。

 

 

 

 

オイルについて

 

CocoroPlusでは、厚生労働省薬務課審査済みの「ロイヤルベビーマッサージPJオイル」を使用しています。ベビーマッサージのために作られたオイルです。

 

 

 

 

●最高純度のピュアホホバオイルとナノ化したプラチナを融合

※保存剤・防腐剤は一切含有していません

●非常にさらさらしてのびがよい

●低刺激・無香料・無着色

●ノンコメドジェニック(常在菌が繁殖しにくい)特性を持っている

なお、オイルの使用はママの判断にお任せしております。オイルを使用するのに抵抗のある方は、オイルを使用しないで肌着の上からマッサージをしてあげましょう。レッスンの際ご自宅で使用されているオイルがある場合はお持ちいただいても結構です。

 

 

 

ベビーマッサージ教室

Cocoroplus(ココロプラス)

ベビーマッサージセラピスト

稲井 千秋(いないちあき)

徳島市加茂名町

西名東山50-204

088-635-5703

090-7788-4009

電話受付

(9:00~18:00)

cocoroplus.baby@gmail.com

 

 

ブログも見てね! Cocoroplusのブログ